キャッシングとカードローンの違いをわかりやすくご説明します

キャッシングとカードローンについて、最も多いこの質問にお答えします。

 

<質問>
キャッシングとカードローンとの違いが微妙にわかりません…
例えばクレジットカードカードに付いているキャッシング枠を使うとカードローンになるのでしょうか?
誰でもわかるように説明してください。。。

 

このような質問をよく耳にするので、このページでは、キャッシングとカードローンの違いについてご説明しようと思います。

 

<解答>
クレジットカードには、一般的にショッピング機能とキャッシング機能が付いています。
実際には、キャッシング機能とはオマケのようなもので、キャッシング機能が付いていないクレジットカードも存在します。

 

そしてカードローンには、例外を除いてキャッシング機能のみしかありません。
カードローンのカードは、カードローン専用のカードということになります。

 

つまり、クレジットカードに付いているキャッシング機能と、カードローンのキャッシング機能とは本質的な違いはありません。
この2つが共通しているのは、ATMでカードを使って、決められた限度額の範囲の中に納まっていれば、何回でもお金を借りられるということです。

 

全く違う点として、クレジットカードのキャッシングは海外でも使えるというメリットがあります。
対して、カードローンでお金を借りられるのは国内限定となります。。

 

あともう一点、大きな違いは借りたお金の返済方法です。
ほとんどの方は、ココが知りたいと思います。
基本的に、カードローンの返済方法はリボ払いとなります。
それに対してクレジットカードのキャッシングの返済方法は、一回払いとリボ払いがあります。
中でもカードによって、どちらも選択できるカード、一括払いしか出来ないのカード、リボ払いしか選択出来ないカードがあります。

 

ひとつのマメ知識のようなことですが、カード会社によっては一括払いを「キャッシング」、リボ払いを「カードローン」と呼ぶクレジットカード会社もあります。

 

これらがキャッシングとカードローンとの一般的な違いです。
当サイトでこの違いをご理解いただければ幸いです♪

 

キャッシング 審査☆即日にお金を借りたい方はコチラへどうぞ←