キャッシングで学生がお金を借りることは無理なのか?

キャッシングにおいて、学生は審査に落ちやすいのか?
はい、社会人よりもキャッシングの審査には通りにくいです。

 

答えは単純です。
学生は一般の社会人よりも収入が少ない上に安定していないとみなされるからです。

 

もうひとつ。
クレジットカードやローンを利用した履歴が少ないので、
「信用情報」
の蓄積がない、またはあっても少ないというのが理由です。

 

キャッシング,学生,お金,借りる

 

 

では本題である

学生はキャッシングすることができないのか?
いえ、20歳を過ぎていれば、学生でもキャッシングの審査を通過する可能性はあります!

 

ここでは
・学生がキャッシングの審査を、有利に進めるために準備しておきたいこと
・学生がキャッシングを利用する上で注意しておきたいこ
などをご紹介します。

 

 

学生がキャッシング審査を通過するためにしておきたい3点

学生がキャッシング審査を有利にするためしておきたいことを3つ、ご案内します。

 

まずは安定性が大切!アルバイトでも定期的な収入を確保

お金を貸す側にとって最も重要なこと、それは
借りる側のひとの返済能力の有無
もう、これに尽きます!

 

ということは当然、収入がなければ融資する側から見れば
「返済能力に乏しい人」
という判断をされてしまい、お金を借りることは難しくなってしまいます。

 

ですので学生さんの場合、まずは
アルバイトで定期的な収入を確保する
ということが大切な条件となります。

 

学生キャッシングにはどの程度の収入確保が求められるの?

 

大学生は授業、サークル、友達のと付き合いなど、忙しいものです。
そんな学生が社会人のような給料をもらうのは、難しいのも当然です。

 

実のところ、キャッシングの審査基準においては申込者の情報

・性別
・年齢
・職業
・年収
・勤続年数
・他社からの借り入れ情報

などをトータル的にみて判断されます。

 

つまり例えば
「年収が200万円以上あればOK」
などという、一律の基準は存在しないのです。

 

 

大切なのは「安定した収入」

 

ここがキモなのですが、キャッシングの審査を通過するためには
収入の金額よりも、安定性が重要
だということです。

 

つまり勤続年数は重視されやすいです。
長期間、勤めていればそれだけで
「仕事も収入も安定している」
と判断されやすいのです。

 

バイトであれば、
基本的には1年以上、短くても半年以上
ぐらいの期間、勤めていれば審査に通過する確率はグッと上がります。

 

お試し診断を利用してみる

 

「私の収入では、審査に通るのか不安」

 

そんな気持ちになるのは当然です。
そこで、活躍してくれるのが
「お試し診断」
と呼ばれるサービスです。
(金融業者によって名称は違います)

 

年齢、年収、他社借入件数などの入力だけで、簡易診断が受けられるので非常に便利です。

 

例えば大手のプロミスであれば
キャッシング,学生,お金,借りる
このぐらいの入力で完了します。

 

スマホからでも簡単に入力できる、とってもありがたいツールです。
キャッシング,学生,お金,借りる

 

簡易診断の結果も
「ご融資可能と思われます」

「大変申し訳ございませんが、ご入力いただいた内容だけでは判断することができません」
などとわかりやすく表示されるので、目安として非常にわかりやすいです。

 

 

クレジットカードを利用しておく

 

個人のクレジットカードやローンの利用履歴のことを「信用情報」と呼びます。
そしてそれらの信用情報は「信用情報機関」というところに保存されています。

 

金融機関はローンの申し込みを受けると、その信用情報機関に保存されている、申込者の信用情報を参照します。

 

 

信用情報に記載されている

・過去に返済の滞納がないか
・他社からどの程度の借入れがあるか
・過去、どのようなローンを利用していたか

 

などをチェックし、その情報を元に審査が行われます。

 

キャッシングの審査には上述の通り、
「安定的な収入があること」
が必須だとご説明しました。

 

そしてこの
「信用情報」
も審査を通過することにおいて、とてもに重要な要素なのです。

 

ですので過去に
「クレジットカードもローンも全く利用した経験がない」
となると、逆に信用情報がないため判断が難しくなります。

 

ご自身の信用情報に、プラスとなる要因がない状況で審査が進行していくことになります。
※クレジットカードの利用履歴がないとマイナスになるという意味ではなく、あくまでプラス要因がないというお話です。

 

ですので、可能であればクレジットカードを作って利用しておくと有利です。
クレジットカードを作るだけでなく、使っておくことが重要です。

 

それをしておけば、
「クレジットカードを定期的に利用し、支払いもしっかりされている」
という履歴が信用情報に残りるので、審査の時にはプラスに働きます。

 

支払いの滞納jは絶対にNG!

 

クレジットカード、各種のローン、分割払い(スマートフォンの割賦支払いなど)の支払いを滞らせてしまうのは話になりません。
1ヶ月以上滞納しようものなら、信用情報に「滞納」の記録が残ってしまう危険もあります。

 

ローンやクレジットカード、携帯電話料金などの支払滞納を続けていた場合、業者側から強制的に解約されることもあります。
そうなると信用情報機関に記録が残ってしまい、審査に多大なマイナス影響を及ぼします。

 

これらの支払いは滞納にならないよう、しっかりと払っておきましょう。

 

 

キャッシング 審査☆即日にお金を借りたい方はコチラへどうぞ←